本当に刺青とは違う?

Posted by 運営者 on 18/03/06

看護師アートメイクは刺青とは違うと言われても、針を使って色を入れるということで、ほとんど刺青のようなものなのではないかと心配になる方もいらっしゃるかもしれません。実際のところアートメイクと刺青はなにが違うのでしょうか。皆さんご存知のように刺青というのは入れると基本的に一生消えないものですが、アートメイクは数年で消えるものです。この違いはなにから生まれるかというと色を入れる皮膚の深さが刺青の場合とは違うという点から発生する違いです。刺青よりもずっと表面の浅い部分に色を入れるのがアートメイクであり、その表皮は肌の新陳代謝で数年かけてアートメイクで入れた色が薄くなっていくほど変化してくというわけです。

針を使用して色を入れる深さが違うため、一般的に知られているような刺青を入れる際の強い痛みはアートメイクでは無いと言われています。もちろん針を使用するわけですからある程度の痛みはあり、個人差があるものなので一概には言えませんが、刺青のような痛みではないと言われています。それと同時に刺青を入れるときのような出血もないので、痛みは出血について心配している方は、アートメイクの場合はそうした不安を抱く必要はないようです。

Filed under 未分類

Comments are closed.